カワムツ
Nipponocypris temminckii
コイ科ダニオ亜科カワムツ属
/Dark chub
参考 090810 なかがわ水遊園A8 by Ryo 素人が作ったお魚図鑑
101023 鴨川sw2-1 130306 アクアワールド大洗12-2
分布: アジア:日本,朝鮮半島,中国。日本では能登半島と天竜川水系以西の本州、四国、九州に分布。河川の上流から中流にかけての淵や淀みの砂底や砂礫底。オイカワやヌマムツよりも水がきれいで水流が緩い所を好む。
特徴: 体長15cm。背中は黄褐色で、体側には太い紺色の縦帯。背鰭の前に黄色の紡錘形の斑点。胸鰭と腹鰭の前縁は黄色。三角形の大きな尻鰭。若魚やメスは体側から腹部にかけて銀白色だが、成体のオスは喉から腹にかけて赤く、顔に追星。雄は雌に比べて臀鰭がとても大きくなる。
備考: カワムツとヌマムツは良く似ているため、以前、カワムツB型とされていた種がカワムツ。カワムツA型がヌマムツ。
水族
館等:
なかがわ水遊園A08那珂川をのぞく(瀞場の社会)
鴨川シーワールド2-1淡水域2(中流)
アクアワールド大洗12-2森と川(中流)