シロメバル
Sabastes cheni
カサゴ目カサゴ亜目フサカサゴ科
メバル亜科メバル属
白眼張/−
010603 東伊豆富戸ヨコバマ 081020 西伊豆大瀬崎湾内-7 by Ryo 素人が作ったお魚図鑑

水族館等
鴨川シーワールド6-1
外房の海4(沖の岩陰)
箱根園水族館7-3
特殊な環境(魔法の水)
EPSON品川3-1
東京湾の生き物たち
101023 鴨川sw6-1 110123 箱根aq7-3 110616 EPS品川3-1

下田海中水族館5伊豆の魚2 越前松島水族館05
おさかな館3(やや深場〜1)
120618 下田海中水族館5 140322 越前松島aq05

分布: 北海道南部〜九州,朝鮮半島南部。沿岸の岩礁域。
特徴: 体長25cm。体側に不明瞭な横帯。胸鰭の軟条数17本 臀鰭の軟条数8本。全体的に黒茶っぽいく、背も茶色い。一番一般的とされるタイプ。
備考: メバルのC型(茶、白)とされていた種。アカメバルは体の色が赤っぽく、クロメバルは黒または青黒色、シロメバルは白っぽいものが多く腹びれが長い。正確には、胸びれ軟条数は「アカ:15本、クロ:16本、シロ:17本」と異なる。遺伝子解析でも、それぞれが種のレベルで異なるらしい。
写真だけではシロとアカの区別が今一つ良く分からないのだが、体高や鰭の濃さなどのイメージで・・・。

030712 黄金B