スズキ
Lateolabrax japonicus
スズキ亜目スズキ科スズキ属
鱸/Japanese seabass
参考 100311 新江ノ島水族館2 by Ryo 素人が作ったお魚図鑑
分布: 北海道南部以南の日本沿岸,朝鮮半島南部。中国大陸沿岸に分布するタイリクスズキ”Lateolabrax maculatus”はシノニムということなのでこれも分布に入るはず。
特徴: 体長1m。体が延長し、側扁。口は大きく、下顎は上顎より突出し、小歯を備える。主鰓蓋骨棘は2。前鰓蓋畳縁に鋸歯縁があり、隅角部に1棘、下縁に3棘。若魚は体側に黒色斑があるが、成長すると消失。
備考: 代表的な出世魚で、コッパ,ハクラ,セイゴ,フッコ,スズキなどと変化。
水族
館等:
新江ノ島水族館2相模の海(大水槽)
新江ノ島水族館10食卓の魚(スズキ)
アクアワールド大洗3出会いの海2(大水槽)
アクアワールド大洗12-3森と川(下流)
越前松島水族館02おさかな館2(近海2)
100311 江ノ島aq10 130306 アクアワールド大洗3 130306 アクアワールド大洗129-3 140322 越前松島aq02