クビナガアケウス
Lambrachaeus ramifer
短尾下目尖頭区クモガニ上科
クモガニ科クビナガアケウス属
首長アケウス/−
120810 インドネシアバリ島トランバン by KJ 素人が作ったお魚図鑑
分布: ハワイ,インド洋,紅海:相模湾〜紀伊半島,八丈島(日本)。サンゴ礁や岩礁の浅海。砂礫底や砂混じりの転石帯に多い。スナイソギンチャクの周囲やカイメン類の枝上。
特徴: 甲長1cm。体は茶褐色。甲面に黄色縁取りの明青色斑紋が複数散在。甲は首の部分が著しく縦長で、眼柄が左右に突出。額は長く、甲の約1.5倍あり、鋏脚同様いばら状の棘が並ぶ。
備考: 写真がハッキリせず、首なのかその向こうの足なのか判別できないが、イメージ的にはこいつのような気がする。バリ島ではウミウシを襲うカニがいるということで、どうやらこいつのことなのでは?